セロトニン 睡眠 質

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

セロトニンと睡眠について

セロトニン,睡眠,質,眠気 解消

 

朝になると起きて、夜になると眠る。それが人間の生活リズムで、長い年月をかけてできた習性です。
この習性を人は「体内時計」と呼んでいます。
体内時計は人体の生体機能の調節を行い、覚醒や眠り、血圧や体温の調整、ホルモンの分泌などさまざまな作用をします。

 

体内時計は24時間ではない?

 

セロトニンと睡眠について

 

地久の自転は24時間。それと同じように人の体内時計も24時間と考えられていました。
その理由としては毎日決まった時間に起きれて、決まった時間に眠ることができるからです。

 

しかし、時計なども置いていない、明暗の変化がない窓のない部屋で、隔離すると、体内時計が狂うということがある実験でわかりました。
時間のズレは人によって違うものの、大きい人だと23時間〜25時間の1時間前後ズレが生じることが分かりました。

 

つまり地球の自転と体内時計には一時間ほどのズレがあるのです。

 

ところが、私たちは毎日決まった時間に起きて、決まった時間に寝るという、24時間のリズムで生活を普通に送っています。

 

体内時計がズレる理由についてはいくつか説があるようですが、通常であれば、体内時計のズレを調節しながら、24時間で生活しているのです。
逆に調節できなくなると、不眠症などの弊害が起きてくるので、体内時計が調節される理由を理解する必要があるのです。

 

体内時計を調整するセロトニンとは?

体内時計のズレを調整するのに大きく関係しているのは、神経伝達物質のセロトニンと睡眠ホルモンのメラトニンです。

 

セロトニンは朝起きるときに自律神経に刺激を送り、脳を起こして、交感神経を刺激して、体内時計のズレをリセットします。
さらに交感神経が刺激されると、活発的に、意欲的に行動できるようになります。
日中はセロトニンが交感神経を刺激して、活発に活動できるように保ちつづけます。

 

時間がたって夕方以降になると、セロトニンの働きが弱くなります。
そうすると次は副交感神経が優位となって、身体が眠りにつく準備を始めます。
この時にメラトニンという睡眠ホルモンを分泌し始めます。
メラトニンはセロトニンから生合成されています。
つまり1日の生活リズムを作り出しているのはセロトニンということです。

 

このセロトニンが何らかの原因で働かなくなると、生活リズムが崩れてしまうのです。
生活リズムが崩れると、不眠症や怒りっぽくなったり、集中力の欠如、疲れやすくなるなど、精神や身体に乱れが生じたり、精神疾患に陥ることがあるのです。

 

セロトニンは生体リズムを整え、人体が正常に活動できるようにしてくれるので、このセロトニンが不足すると、メラトニンも作り出されにくくなるので、睡眠の質も悪くなってしまうといえるでしょう。

 

セロトニンが不足しないようにするには…

セロトニンと睡眠について

セロトニンが不足しないようにするには、太陽光が必須です。

 

セロトニンは朝太陽光を浴びることで生成されます。
そのため、太陽光を朝浴びることが大事なのです。