睡眠時無呼吸症候群 睡眠 質

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群,睡眠,質,眠気 解消

 

睡眠時無呼吸症候群というものを知っていますか?
睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。
英語でSleep Apnea Syndromeの頭文字を取って「SAS」とも呼ばれています。

 

医学的には、10秒以上気道の空気が流れが止まると無呼吸状態とし、無呼吸が一晩(7時間あたり)に30回以上か1時間あたり5回以上無呼吸になれば、睡眠時無呼吸症候群だそうです。

 

寝ている間の呼吸について私たちはなかなか気づけないので、検査や治療を受けていない方が多くいると考えられています。

 

睡眠時無呼吸症候群は起きているときの活動に様々な悪影響を及ぼします。

 

では、睡眠時無呼吸症候群にはどのような症状があるのでしょうか?

睡眠中

いびき
いびきが止まって、10秒以上たってから大きな呼吸とともに、再びいびきがはじまる
呼吸が止まる
息苦しさを感じる
むせる
寝汗をかく
何回も目が覚める

起床時

口がかわいている
熟睡感がない
頭痛がする
身体が重く感じる
すっきりとしない

日中

眠気が強い
倦怠感やだるさがある
集中力に欠ける
常に疲労感がある

 

どんな人がなりやすい?

生活習慣や見た目、性別や年齢でもなりやすさというものが違います。

 

生活習慣

たばこを吸っている人、ヘビースモーカー
寝る前のお酒が習慣となっている
太り気味で暴飲暴食となっている
糖尿病や高血圧、高脂血症の経験や治療中である

 

見た目

睡眠時無呼吸症候群といえば、太った男性のイメージがありますが、どんな方でもかかるリスクがあります。

 

首が太くて脂肪がついている
首が短い
下あごが小さくて小顔
下あごが後方に引っ込んでいる
舌や舌の付け根が大きい
歯並びがよくない

 

舌についてはセルフチェックをすることができます。

 

睡眠時無呼吸症候群について

 

のどちんこが見えていない場合は上気道が狭いことがあります。
体重が増えて首回りに脂肪がつくと、無呼吸を起こしてしまうリスクが高くなります。

 

性別

男性のほうがなりやすい傾向にあります。
男性は女性と比べると上半身に脂肪がつきやすいので、頸部に脂肪がつきやすい傾向にあります。
そのため、男性のほうが睡眠時無呼吸症候群になりやすいようです。
しかし、女性も年代によってはなりやすくなるので要注意です。

 

年齢

【男性】30~60代の働き盛りの年代。
生活習慣病を発症したり、体型が変わる年代です。

年齢とともに首回りやのどの筋力が衰えることがリスクの一因に。
20代と比べて10s以上太った方は首やのど回りの脂肪が増えて気道が狭くなっている可能性があります。

 

【女性】更年期以降
いわゆる閉経後に発症しやすくなります。

女性ホルモンの1つ、プロゲステロンは上気道開大筋の筋力活動を高める働きがあるのですが、閉経によりホルモンバランスが変わることで睡眠時無呼吸症候群になりやすくなると考えられています。

 

なぜ呼吸が止まる?

空気が通る上気道が狭くなってしまって呼吸が止まる物理的な理由か、呼吸中枢が異常を起こすことが理由の2つあります。

 

閉塞性睡眠時無呼吸

空気が通る上気道に十分なスペースがなくなり呼吸が止まるタイプ。
睡眠時無呼吸症候群の患者さんの9割が閉塞性睡眠時無呼吸になります。

 

上気道のスペースがなくなる理由として挙げられるのが、のどや首回りに脂肪がついたり、扁桃が肥大したり、舌値やのどちんこ、軟口蓋などによるのどや上気道の狭窄があげられます。

 

これには骨格なども関係があります。
大きい骨格の方であれば、多少太っても上気道を狭くすることはありません。
しかし、もともと小顔の方が太ってしまうと、上気道のスペースが狭くなってしまうのです。

 

睡眠時無呼吸症候群について

 

中枢性睡眠時無呼吸

脳から指令が出ないで呼吸が止まるタイプです。睡眠時無呼吸症候群でこのタイプは全体の数パーセントになります。
肺や呼吸筋、末梢神経などには異常が見られないのに、呼吸指令が脳からでなくなり、無呼吸となります。
閉塞性とはことなり気道はしっかり空いたままです。
この中枢性になるメカニズムはいろいろあるのですが、心臓機能が低下した方の30−40%でみられるようです。

 

睡眠時無呼吸症候群にならないために

睡眠時無呼吸症候群にならないためには

適正体重を維持する
寝酒をしない
鼻呼吸をする
睡眠薬を服用しない
横向きで寝る

ということが予防になります。

 

睡眠時無呼吸症候群にならないためには太りすぎないことが大前提です。
太ることでのどや首回りに脂肪がついて狭くなってしまいます。
さらにアルコールを摂取することで筋肉が緩んでしまい、上気道が狭くなってしまいます。
また、鼻炎の方は口呼吸になってしまうので、口呼吸になる方は耳鼻咽喉科を受診しましょう。
また睡眠を促す睡眠薬ですが、その多くが無呼吸症状を助長、悪化させます。
自己判断で飲むのはやめましょう。

 

寝る姿勢もあおむけよりも横向きに寝ることで、閉塞を軽減することができるかもしれません。
横向きで寝るようにしましょう。