特発性過眠症 睡眠 質

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

特発性過眠症について

特発性過眠症について

 

特発性過眠症(とくはつせいかみんしょう)というものをご存じですか?
特発性過眠症とは日中に強い眠気がきて、長時間寝てしまうという睡眠障害です。
日中に眠くなる病気といえば、ナルコレプシーが有名ですが、特発性過眠症と比較するといろいろな違いがあります。今回は特発性過眠症について詳しく解説していきます。

 

特発性過眠症の症状について

特発性過眠症には2種類あります。夜に長時間寝るタイプと、そうでないタイプです。

 

国際的には以下のように分類されています。

  1. 主睡眠が10時間以上
  2. 主睡眠が6~10時間まで

過眠症と聞くと、「長時間眠る病気?」と思われがちなのですが、そうではなく、主睡眠が一般的な長さでも突発性過眠症を発症している場合があるのです。

 

特発性過眠症の最大の特徴は、夜の睡眠時間うんぬんではなく、日中の眠気です。日中に強い眠気がきて、1時間〜4時間程度の長い時間寝てしまうことです。

 

ナルコレプシーの場合も日中に眠ってしまうのが症状ですが、睡眠時間は10分から20分程度で、寝た後はスッキリとしているのが特徴です。

 

しかし特発性過眠症の場合は1時間以上寝ても、眠気が消えません。また、人によっては目覚めたときに自分がどこにいて、どういう状況なのかわからないという人もいるようです。

 

ちなみに特発性過眠症とナルコレプシーの違いは以下のようにな

 

特徴 特発性過眠症 ナルコレプシー
日中の睡眠時間 1~4時間という長時間 10~20分の短時間睡眠を繰り返す
日中の睡眠タイプ ノンレム睡眠が主体 レム睡眠が主体
主睡眠 ぐっすり眠れる 浅い眠りで、何度も目を覚ます
感情の高ぶりに伴う脱力発作 なし よく起こる
寝入りに幻覚や金縛り なし よく起こる

 

「日中眠くなるのは単に睡眠不足が原因なのでは」と思う方も多いのですが、特発性過眠症の場合は夜に十分に寝ていても、日中の眠気は減らないので、睡眠不足症候群やロングスリーパーとは違います。

 

原因や治療法

 

特発性仮眠症の原因はいまだにわかっていません。治療法も研究が進んでいないので、効果的な治療法がありません。

 

研究が進んでいない理由として、特発性過眠症が珍しい睡眠障害というのが原因の1つです。
有症率はわかってはいませんが、ナルコレプシーよりも発症率が低いのはあきらかです。

 

基本的な治療方法は薬による治療で、ナルコレプシーの治療と同じく、モディオダール(一般名モダアフィニル)が使われることが多いです。

 

以前はリタリン(一般名メチルフィニデート)も使われていたのですが、依存性があるので、現在はあまり使われません。

 

特発性過眠症を診断するための検査方法

 

もし、特発性過眠症を疑ったら、まずは睡眠専門外来を受診してください。「終夜睡眠ポリグラフ検査」と「反復睡眠潜時検査」を必要に応じて行います。
この検査により、どの睡眠障害なのかがわかります。
ちなみに終夜睡眠ポリグラフ検査で睡眠時無呼吸症候群と診断されることもあります。
実はこれが日中強い眠気を引き起こす原因となっている可能性もあるのです。

 

つまり特発性過眠症だと思っていたら睡眠時無呼吸症候群だったということです。