眠くなったとき 眠気解消

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

眠くなったときに眠気を解消する方法、普段の睡眠の質を上げる方法

眠くなったとき,眠気解消,睡眠,質

 

午前中や昼食後、夕方など、眠くなる時間帯があります。夜も終わらせないといけないことがあって寝るわけにはいかない。
そんなときのために眠気を解消する方法を紹介します。

 

なぜ眠くなるの?

 

眠くなる原因はいくつかあります。

 

人の眠気は周期が半日ごとにあり、昼と夜に眠気のピークが来るから

 

食事をしておなか一杯になると眠くなるから

 

これらを解消するにはいくつか方法があります。

 

眠気解消方法

昼寝

15分〜20分ほど寝る。昼寝で大事なのは眠りすぎないこと。寝すぎることで脳の働きが低下して、起きた後にさらに眠くなってしまう。
熟睡しないために布団ではなく椅子に座ったまま寝ることが大事です。
寝る時間は20分までで、携帯のアラームなどを利用することで寝すぎ防止をふせぐことができます。
カフェイン飲料を起きたい時間の30分前に飲むのがおすすめです。
最近「1時間半の昼寝は一晩分の効果がある」ということがわかっていますが、普通そんなに寝る時間は持てないと思うので、せめて20分は寝ておきましょう。

 

体や脳に刺激を与える

刺激を与える方法として

カフェイン飲料を飲む
キシリトールやミント系ガムをかむ
ローズマリーやペパーミントの香りをかぐ
日光を浴びる
喚起する
簡単にストレッチする
テンションがあがりそうな音楽を聴く
冷たい水で手や顔を洗う

などさまざまな方法があります。

 

ツボを押す。

詳細はこちら

 

普段の睡眠の質を改善する

規則正しく生活をして、睡眠時間を6時間以上しっかり取る。
眠気に耐えられない人の多くが、短時間睡眠者や、就寝時間や起床時間が不規則になっています。
・快適に過ごせる睡眠時間は『4時間半』
生活レベルを落とさない睡眠時間は4時間半といわれています。ただし、4時間半睡眠は平日のみとし、土日のどちらかは7時間以上睡眠をとって、睡眠不足を改善しましょう。