コーヒー リスク

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

コーヒーのリスクについて

コーヒー,リスク,不眠

 

コーヒーにはさまざまな効能がありますが、飲みすぎると健康被害を起こす飲み物です。今回はコーヒーのリスクについて説明していきたいと思います。

 

コーヒーの主なリスク

コーヒーは発見された当時から薬として使われていました。確かに、ガン予防になったり、コレステロールを下げたりなど様々な効果が期待できますが、1日に何杯も飲んだり、毎日必要以上に飲むと健康被害を引き起こします。

 

主にコーヒーの健康被害として挙げられるのは

 

消化性胃潰瘍 胃液分泌を促すため、消化性胃潰瘍を助長する働きがある。

貧血

コーヒーに含まれるタンニンなどの成分が鉄イオンとくっついて難溶性の物質に変化します。そのため、鉄分が足りなくなり貧血に。貧血の方は食後30分にコーヒーを飲まないようにしましょう。

口臭

元来口臭予防効果があるといわれていますが、逆に口臭の原因になることがあります。

コーヒーの成分が舌についたままになると口の中の?値が下がると口臭の原因になります。

不眠症

コーヒーを飲むと頭がさえてすっきりしますが、睡眠を妨げてしまう可能性があります。

不眠症の方や夜コーヒーを飲んでしまうという方はノンカフェインのものを選びましょう。

 

このようにコーヒーを過剰に飲むことで健康被害を及ぼすことがあります。
コーヒーは1日1杯〜2杯を目安に飲んでくださいね。