寝酒 睡眠 質

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

酒と睡眠の質について

寝酒,睡眠,質,眠気 解消

 

「眠れないときはお酒を飲む。」これが日本では習慣として深く浸透しています。
2002年に行ったアジアや欧米10か国を対象にしたアンケート調査では「不眠解消のための飲酒」の割合は日本がとても高く、10か国中1位という結果になりました。

 

寝酒と睡眠の質について

 

もちろん飲むことでよく眠れるのであれば問題なしなのですが、実はアルコールに頼ることで大きな問題が発生するのです。

 

寝つきは良くなる

アルコールに入眠を促す効果があるというのは本当のことです。そのため、寝つきが悪い時にお酒を飲んだらすんなり眠れたという経験のある人は多いと思います。

 

少しのアルコールは覚醒効果があるので、少しお酒を飲んだだけでは眠くなりません。しかし、体内のアルコールが一定量を超えると眠くなって寝てしまいます。これはアルコールが脳の働きを鎮める効果があるからです。

 

この効果により、ストレスや興奮状態になっているときでも眠ることができます。
しかし、この入眠効果は一時的なもので、寝ている間に大きなデメリットがあります。

 

睡眠の質が悪くなる

アルコールに頼って寝つきがよくなりますが、夜中に起きてしまったという人もすくなくありません。

 

アルコールを分解する過程でアセトアルデヒドという物質に変化するのですが、アセトアルデヒドは交感神経を刺激するため、せっかく眠っていた脳が覚めてしまい、夜中に起きてしまうのです。

 

寝酒と睡眠の質について

 

寝る前のアルコールに頼りつづけると、夜中に起きることで、睡眠時間が短くなり、睡眠不足が慢性的なものになってしまいます。
そして、熟睡したくて、アルコールの量を増やしてしまい、という悪循環に陥ってしまいます。

 

こういうことを考えると、お酒を飲むことは不眠に効果的とは言えません。

 

寝る前のアルコール摂取を控えるには?

「寝る前にアルコールを飲まないとどうしても眠れない」という人もいると思います。
そんな方はお酒の量を減らしながら、睡眠サプリを活用するのがおすすめです。

 

メラトニン系の睡眠サプリやアプローチの違う睡眠サプリなど様々なので、自分にあった睡眠サプリを見つけることをおすすめします。